スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おはようございます。
むつみです(・∀・)


部屋がいかに汚くなろうとも、ここだけは片付けるようにしています。





そう。1K賃貸の玄関です。

小さい頃、両親に「むつみ!靴を片付けなさい!」と怒られながらやっていたこと。

一人暮らしを始めた頃は出来ませんでした。


”毎日履く靴なんだから、出しっぱなしでもいーじゃん!なにが悪いのさ!”

とすら思っていました。


でも、ここが何もない状態。
これが心地よく感じるようになったのは、片付ける意味が分かってきたという事なのかな。

毎晩メイクをオフするように、玄関をリセットすると、翌朝、気持ちよく会社に出発できるんです。





スニーカーもパンプスも、それぞれ指定席があるので、いくら忙しい時期でも乱れません。

だって、靴も一緒に外出したら、一緒に帰宅するだけですもん。

人だって、別の家に帰らないでしょう?

物の指定席を作るというのは、人間にとって帰る家がある事と同じなんだなぁって、

下駄箱を見ると感じます。


この中にひっそりと隠れ住んでいる脱臭剤。



母が地元の物産館で見つけて、送ってくれました。


これも、一人暮らしを始めた18歳の頃なら、反発心しか持てなかっただろうなぁ。


新潟の田舎から出てきて、”よしっ!この都会で一人でやっていくんだ!”と意気込んでいた18歳の私。

最初は、母と弟が東京について来て引越しを手伝ってくれたんです。

そして何日目かの夜、母が「このクリーム、使ってみなさい」と勧めてくれました。

ほんとに些細な会話。

今なら「ありがとう~使ってみるわ」と素直に返すでしょう。

でも、当時の私は子供扱いされているような気がして、「要らないってば!必要なら自分で買うから、ほっといてよ!」と、

酷い言葉を浴びせてしまいました。


そして翌朝、予定より早く母と弟が田舎に帰ってしまいました(ノω・。)

そのあと、自分の言動をどれだけ後悔したことか…東京駅の改札で見送りながら泣きじゃくりました。


この季節になると思い出します。


いまだにこんな料理の本を送ってくる母。



「健康でがんばんなさい!」

そんな母の想い、今は素直にありがたく感じます。


↓ランキングに参加しています。

お手数ですが、集合写真をポチっとして頂けると、ブログ更新の励みになります(*´艸`)

ブログランキング・にほんブログ村へ


玄関 | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
読んでて涙が…(T-T)お母様の愛が感じられます。我が家ももう少ししたら反抗期などなど…寂しく感じることも多くなるんだろうなぁ。でもそれも成長。大きくなって悪いことしたなぁって思ってくれたらいいです♪私も玄関の靴は子どものころからずっと言われ続けてきたので、今は普通に片付けることができますが、やっぱり子どもたちには「また靴ーっ片付けてー!」とほぼ毎日叫んでますよ…。靴以外でも片付けなど何度も何度も同じことを言われても子どもたちはできないけど、きっと私もそうだったんですよね…。今はできなくても大人になったらきっと…。なので母は今日も叫びます( ̄^ ̄)
初めまして。私も来月1Kに引っ越します。
一人暮らしは初めてではないのですが、かなり久しぶりなので、収納などいろいろ考えているところで、このブログにたどり着きました(^^)色々、勉強させていただきました。これからも遊びに来ます♩
maikoさん
ありがとうございます(^-^)
父も母もいまだに愛情を注いでくれるので、私は恵まれた環境に育ったんだなぁと思います。
うちは母が教師だったこともあり、家でもまるで学校にいるかのように厳しく躾されました。いま思い返せば何て有り難かったんだろうと思いますが、当時は全く思えませんでしたよ〜(^^;;
ママの立場は大変だと思いますが、maikoさんのお子様も感謝してくれる日がくると思います。根気強く、愛情を持って、言わなきゃいけない時はビシッと言ってあげてくださいね♡…なんて偉そうなことを言ってすみません(;^_^A
No title
うるうる。泣けちゃいました。
大丈夫ですよ〜お母様はちゃんとわかってくださっています。
娘の気持ちはわかるんです。自分が通って来た道ですからね。
いくつになっても子供は子供。
なんでもいいから役に立ちたい…
お母様のお気持ち痛いほどわかります!!
ぱっちさん
コメントありがとうございます(*・∀・)ノ゛
来月から1K賃貸仲間なんですね♫ 家具はどこにおこうか、どんなお部屋にしようか…考えるだけでワクワクしますね。
私も色んな方のブログを見ながら、勉強させて頂いています。ぱっちさんも、何かいいアイデアがあれば是非教えて下さいね!
良いスタートがきれますように、応援してます♡
みなみさん
ありがとうございます(^-^)/
みなみさんがおっしゃる通り、確かに母も通って来た道なのかもしれませんね。そう考えると、すべて分かった上で何度も叱ってくれた両親に改めて感謝したいと思いました。
普段離れて暮らしていますが、両親は手作りの野菜を送ってくれるし、私からは頻繁に電話するようにしているんです。物理的な距離は埋まらなくても、心の距離はいつも近くいると実感しています。
玄関...ついつい出しっ放しにしがちです(。>_<。)気をつけていつも綺麗に保ちたいです‼︎
そしてお母さんとのやりとりは...わたし今、ちょっと親と喧嘩っぽくなっちゃってて、むつみさんの記事見たらなんだか切なくなりました。。連絡とってみます!
はじめまして。とっても共感したので初めてコメント残させていただきます。
ひとり暮らしをすると親のありがたみってとてもよくわかりますよね。
なんであんなに反抗していたんだろう、と昔を振り返って反省します。
こういう反省や感謝の気持ちをもつことができるようになって、本当の意味での大人になっていくんだな、と思っています。
トマトさん
こんにちは(*・∀・)ノ゛
喧嘩っぽくなっちゃうの分かります。顔が見えないと余計にお互いの思いが伝わりにくかったりして。私のこんなエピソードが何かきっかけになったとしたら嬉しいです♡
えりさん
コメントありがとうございます。
そうですね、えりさんのおっしゃる通り、家族や友人、支えてくれる人に感謝できるようになって、ようやく大人になっていくのかも。20歳になったからって、はい!すぐ大人です!ってわけじゃないですよね。今でも失敗することがあるけど、都度反省して成長していければいいなと思います(о´∀`о)
うぅ。。
いい話です。
ポロリと涙が溢れました。

親は本当無償の愛をくれますよね。
それを無下にする時代、私にもありました。
わたしもいまは素直に受け入れられます。

。。ん?時々やっぱり反発するかな?笑

何はともあれこの記事よんで、ほんわかしました!
★もとみさん
こんばんは。
記事読んでくださってありがとうございます!

私もまだ素直になれない時もありますよ(;^_^A
完璧な人間にはなりきれません。

でも、この上京した時の出来事を思い返すと、親に頭が上がらなくて。何歳になっても、どこにいても、私は両親の子供であることには変わらないし、愛情をたっぷり注いでもらって幸せ者なんだなと思ってます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。