スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

家電との適した”距離感”

2015/06/15 Mon 18:40

こんばんは。
むつみです(・∀・)


テレビには最適な視聴距離があります。





Panasonicのメーカーサイトによると、

4K対応テレビは「画面の高さの約1.5倍」、フルHDテレビは「画面の高さの約3倍」が特等席なんだそうです。

うちのテレビは32型(高さ40cm)なので、最適な視聴距離は1.2m。





ソファからテレビまで測ってみたら、2.2mありました。

特等席と言われる距離からは少し離れていますが、あまり近づきすぎると目が疲れるので、私はこのくらいが丁度良いです。


こんなふうに、家電の配置を考える時には”距離感”が大事だったりします。


例えば、このツインバードのトースター。





取扱説明書によれば、上部・側面・背面を各10cm以上空けなければなりません。



ミラーガラスオーブントースター
パールブラック TS-D017PB
人気なのかしら…私が買った時より値が上がってます。


これだけの空間を必要とする家電をユニットシェルフの中に入れようとしたら、かなりスペースを取られてしまうので、

うちでは最上段に置いています。




ちなみに、オーブンレンジはどうかというと、

上部10cm/左4.5cm/右1.5cmを空ければいいので、ユニットシェルフの中に入れると丁度いい寸法なんです。







私のはTOSHIBA ER-LD8。
いまは後継機のER-MD8が出ています。



とても基本的なことだけど、手持ちの家電はどのくらいの”距離感”が必要なのか、いまの配置で問題ないのか、

一度ご確認されてはいかがでしょうか( ´ ▽ ` )ノ




↓ブログ村のランキングに参加しています。

お手数ですが、集合写真をポチっとして頂けると、ブログ更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
収納全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。